お知らせ

絵文字:NEW 2024年4月1日より 株式会社伏見製薬所 衛生検査センターにて


ROHHAD症候群関連自己抗体(抗ZSCAN1抗体/抗Nax抗体)の
受託解析(研究検査)が開始されました。

 

厚生労働省    令和5年度 難病研究事業研究対象疾患  ROHHAD症候群 追加

お問合せについて
上記メニュータブ
「お問合せ/入会はコチラから」
登録フォームにお進みいただくか、

下記mail addressまで

rohhadjapan@gmail.com

お問合せ下さい
絵文字:メール絵文字:キラキラ
 
ご寄付のお願い
ROHHAD症候群日本事務局の活動は、企業団体様や個人様からの寄付金によって運営しております。
ご寄付いただいたお金は、当会のミッションを達成するために大切に使わせていただきます。


ゆうちょ銀行店名(店番):0二九(ゼロニキュウ)店
預金種目:当座
口座番号:0110342
口座名称:ROHHAD症候群 日本事務局



 
所在地
〒330-8522

埼玉県さいたま市浦和区大原3-10-1
埼玉県障害者交流センター
埼玉県障害難病団体協議会内

 
ROHHAD症候群日本事務局
絵文字:携帯電話TEL・FAX 048-831-8005   

絵文字:一人To international peoples.
絵文字:一人
For inquiries, please email us.

絵文字:メール rohhadjapan@gmail.com

 
言語の選択:

カウンタ

COUNTER453514

低換気(呼吸異常) = Hypoventilation






肺自体は健康ですが、呼吸に異常が現れ始めます。
呼吸器の症状は深刻で、蘇生を要するような呼吸停止状態に陥ることもあります。

通常、私たちは呼吸によって空気を吸い込み、肺に酸素を送り込んで、二酸化炭素を排出するガス交換作業を行っています。(この作業を換気といいます)
肺に酸素がうまく取り込めずに低酸素状態に陥れば、息苦しさを感じます。

しかし、ROHHADの場合は、肺でのガス交換がうまくいかず、「低換気」と呼ばれる状態に陥ることがありますが、自覚症状がありません。
この状態は「高二酸化炭素血症」「低酸素血症」と同様に深刻な状態です。

低換気症状は、睡眠中に陥る傾向がありますが、深刻な場合には、覚醒中にも低換気が起こることがあります。
一方で、低換気症状が現れない場合もありますが、今後の経過を注意深く観察する必要があります。



対症療法絵文字:会議

低換気の治療には、低換気の程度に応じて、以下のような対症療法があります。

絵文字:鉛筆 カニューレによる酸素投与

絵文字:鉛筆 BIPAP(マスクタイプ)装着による換気方法

絵文字:鉛筆  気管切開をして常時人工呼吸器を装着する換気方法


早期段階でこれらの換気サポートを開始することが、非常に重要です絵文字:重要絵文字:重要

低換気状態では、体が非常に疲れやすくなり、眠気が強くなることがあります。
しかし、酸素投与や
BIPAPなどの呼吸器を使用せずに眠らせることは非常に危険です。うとうと状態やお昼寝時にも最善の注意が必要です。





近年、人工的に横隔膜を動かす装置を体内に植込み、横隔膜に電気による刺激を行い呼吸補助を行う「横隔膜ペーシング」という新しい治療法があります。
しかし、国内ではROHHADに対するこの治療法の実例報告はなく、安全性が保障されていないため、ROHHAD患者に対しては実施されていません。